トップ>仮想通貨の基礎知識>よく聞くけどブロックチェーン技術って何?
仮想通貨の基礎知識

よく聞くけどブロックチェーン技術って何?

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術が
使われいているので、安心して利用できる。

なんて謳い文句を良くネット上に耳することは多いですよね。
そもそもこのブロックチェーンってどんな技術なのかちゃんと説明できる人は
どのくらい居るのでしょうか。

今回はそんなブロックチェーンをわかりやすく解説していきたいと思います。

ブロックチェーンはお互いがお互いを監視し合うシステム

ブロックチェーンの概要

分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして
信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

よくブロックチェーンについて調べるとこんなことを目にするのですが、
これを聞いても何を言っているかわかりませんね。。

ブロックチェーンを簡単に説明すると

まず「ブロック」、つまり箱を想像してください。
その箱には様々な人の帳簿、
つまりビットコインなどの仮想通貨の取引履歴が記されており、
その箱の中に保管されています。

保管されている情報は取引履歴として個人が特定できない範囲で
誰もが見ることができるものとして公開されています。

そのような箱が世界には無数に存在しています。

それらは「チェーン」、実際に物理的に鎖でつながれているかの如く、
それぞれの箱がそれぞれの箱と繋がっています。

なぜ鎖で繋がっているのかというと、
その繋がれている箱同士で、履歴の情報を分散して、お互いがお互いの情報の一部を持ち合い、
更に監視し合うことによって、不正が起きないようにしているのです。

ブロックチェーンは今までにない画期的なシステム

どういうことかと言うと、

つまり悪い人がビットコインの所有情報を偽装して、自分のウォレット(口座)に
10,000BTC持っているというような履歴改ざんをブロックに対してハッキングしたとします。

しかし、ブロックチェーン技術によって、悪い人が改ざんしたブロック以外の他のブロックには
その「10,000BTC持っている」という履歴が存在しない
ため、トランザクション(取引処理)は拒否されるわけです。

そうして、

分散型に情報を管理し、皆でシステムを監視しあうことで、

従来の第三者機関(例えば銀行など)が中央集権として絶対的な力を持つような、
一部の力を持った者に支配されるということに依存しない画期的なシステム

それが「ブロックチェーン」の技術というわけです。

国内でビットコインやアルトコインなど仮想通貨を購入するなら
ALT-COIN運営事務局

ビットコインなどの仮想通貨の購入方法から、おすすめ仮想通貨情報、最新情報まで仮想通貨に関することを幅広くご紹介していきます。